寒中見舞い 文例 マナー

ここでは、「寒中見舞い 文例 マナー」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒中見舞い 文例とマナー、を記したいと思います。


寒中見舞い 素材関連商品

まず、寒中見舞いは、寒の入り(1月5日)ごろから
立春(2月4日)の前の日ごろまでに出すものです。

多分、今「寒中見舞い」を調べている方は、
年賀状の代わりに出す事を前提としていると思うので、
そういう文例を出すと、

寒中お見舞い申し上げます
新年にはご丁寧な賀状をありがとうございました
私どもは、(年賀状を出せなかった理由、多忙など)しましたため、
年賀状を頂きながらご挨拶が遅れまして申しわけございませんでした

まだまだ寒い日が続きますので、どうかお体を大切になさって下さい


年賀状を出してない侘び・自分の近況・相手の健康の気遣い、
を入れることがマナーです。

関連タグ : 寒中見舞い, 文例, マナー,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。