執行猶予5年

ここでは、「執行猶予5年」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押尾学に懲役1年6か月、執行猶予5年、という
判決が下っていました。


押尾学関連商品

この「執行猶予5年」というのは、初犯にしては
異例の長さだそうです。
多分、通例だと3年くらいじゃないのかな?
押尾学という人物が信用されてないのですね。

アメリカで薬物を使用したことがある、という過去もあり、
薬物との親和性が強い、と受け取られた事と、
起訴事実は認めたものの、証言が不明瞭という点も
厳しい判断の要因のひとつだとか。

関連タグ : 押尾学, 執行猶予, 5年,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。